はじめは首の周りの腫瘍を発見して気付きましたが 早めに手を打って(安楽死などで)しまうご家族もあるよ、 割れる可能性のあるプラスティックなどは避けた方がよいかと思います。 ※全ての費用は壁面に明示してありますので、事前に自分で計算しています。 こんな状況で、何かおかしいんじゃないか?とお気づきの方いらっしゃいましたら、アドバイスいただけませんか? ところが、先月の再検査で、脾臓にもう一つ影が見つかりました。 2日前に、あきらかに貧血症状が出、病院へ連れて行ったところ、 私も何ヶ月か前に同じ気持ちでいました。 大変な病気になってしまったら、苦しまないうちに 自分のエゴを思い、あの方法でよかったのかと ですが、他はいつものように元気一杯でした。 私は子供の頃から犬を飼っていて、 3年前に、小さな乳腺の腫瘍があり、獣医の診察を見せたら、『様子をみましょう』とのことで、食欲もあるし、そのまま様子を見ました。 2、エコー -------------- 無料。 こう考えたら自然と答えが出て来ませんか? それでも正常値の枠内でした。 「大丈...続きを読む, こんばんわ。飼い犬の手術についての相談です。 (副作用のない子もいる...続きを読む, 13歳、体重3キロ弱のマルチーズメスがいます。 個人的なご意見でもちろんかまいません。 この夏に亡くしました。mikachuさんのワンちゃんとは ワンちゃんの手術をされてどれ位で元気になったか参考に きっと「ゲホッ、ゲホッ、・・おえ~」してる時出たんだろうと思いましたが、食欲だけは旺盛な子が今朝はほとんど食べませんでした。 最初異変に気付いたのは、今年の3月半ばにやはり同じように 目も白内障で全盲、今は食欲も落ちましたが少しはあります。 ●よく煮たレバー(少量のお湯を足してミキサーにかけペーストにします) 私は10年共に過ごした愛犬を「悪性リンパ腫」で ●裏ごししたカッテージチーズ でも、傷口は時間と共に良くなりますから、 良い結果は得られないと思います。 mikachuさんのところではまだ「可能性」の段階のようですし どなたかご意見よろしくお願いします。, 7歳10キロのミックスわんこです。 完全に立てなくなってしまうと排出も寝たきりになってしまいますが、特にオシッコのアンモニア臭がキツイので体が濡れてしまったら早めに拭いたり、オムツシートなと敷いておくといいです。 シェルティ×柴の雑種(12歳・雄)ですが、 「大丈夫!大丈夫!」と出来る限り普段と同じように接してね。 2.患者が絶えがたい苦痛にさいなまれていて、それは死亡するまで続く。 2、エコー -------------- 無料。 さすがに心配で、病院に行ったところ、診断結果は末期の癌でした。 最初の2~3日はほとんど、寝ていましたね。かろうじて 獣医さんにはこの際体力を最優先されるためにもどんなものでもやった方がいいといわれたので、人間用の食べ物も与えようと思います。 これを、一般的に【脾臓腫瘍=ひぞうしゅよう】と呼びます。 最悪な部類の癌だと。。。 衰えて立てなくなった足腰はどうリハビリしようが弱る一方です。 1ヶ月前には「ちょっと歳を取ったかな?」ぐらいに感じましたが、 腎臓以外の機能はまったく正常らしいです。 この説明だけではどんな腫瘍かわからないのでお答えにくいとは思いますが、 そこで質問ですが、血液検査ではどこまで病気の事がわかるのでしょうか? 4月末に内視鏡検査で口の奥に出来物を見つけ病理検査に出すものの うっかり飲み込んではいけない物を出そうにも、まったく口を開けませんし、下手をすると挟まれます・・・・痛いです ハイ すが、これは脾臓が腫れて大きくなった状態をさします。 今はまだ良いですが、いくら食べても太らなく皮下脂肪がなくなってくるころには筋力も衰えてしまうため、便の排出も少なくなってきますが、筋力が衰えたために排出できない場合もあります。 [1]大きさに変化がなければ、良性だと考えてもいいのでしょうか。 できるだけ早いうちに手術に踏み切るほうが良いと思われます。 ただ・・「これ、切ってなんとかならないの?」と それまでは、ちょっとした手術でも1週間の入院。費用も概算で明細なし。いわば、言い値でした。 (私は今朝気づいたのですが、後で父に聞いたら半年位前からできていたそうです) かかりつけの近所の2件の個人獣医は”ほって置く”という診断でしたので、別の大きな病院で検査を再度受けたところの結果だったのです。 さらに衰えると前・後ろ脚も棒のようになって体を支えることができなくなってきます。 心配になり、こちらで質問もさせていただきました。 静脈内に投与する場合は過麻酔で、筋弛緩剤や麻酔薬を大量に投与します。その後で心臓を止めるための薬を更に入れます。この心臓を止めるための薬は人工的に心筋梗塞を起こしているので、苦痛と痛みがあるのですが、それを感じさせないように、麻酔薬や筋弛緩剤を大量に投与するのです。麻酔中の手術を痛いと感じないのと同じですね。 で、血液、エコーの結果、脾臓の腫瘍か、もしくは肝臓、との判断で、手術をしたのですが、 針で3ヶ所細胞をとって顕微鏡で見てもらったら「悪性の腫瘍である疑いがあります」と言われました。 何の異常も見つからず癌ではありませんと言われました。 また脂肪がないので、体温調節にも気を付けてください。 エコー検査で見つかる脾臓の異常な影は、脾臓の腫瘍ではなく、 教えて下さい。 ただ、ヘルニアや内側からくる病的な事で立てなくなる事もあるので、そこは獣医さんの判断になります。 犬 - 17歳6ヶ月の雑種犬(♂)15kgの手術を迷っています。 睾丸と肛門の腫瘍を取り除く手術ですが獣医さんからは 手術そのものは難しくないし病気は良くなるが老犬の体力が問題。 術後も長生き … ここ数ヶ...続きを読む, ながながとすみません。安楽死についてもお答えしようと思います。 そして なることもあります。 ワンちゃんが天国で幸せであることを祈ります。, 「犬部」に関するQ&A: ベッド(大人用60~70cm)から8ヶ月の娘が転落しました。, 「傷跡 子宮筋腫」に関するQ&A: 開腹手術の傷跡と痛みについて教えてください。. 1年前(2011年1月)、初めて受けた健康診断のエコー検査で脾臓に影が見つかりました。 再度病理検査を依頼することができたのですがやはり扁平上皮癌で 退院直後はこんなもんかな?とあまり心配もしてませんでしたが3日たっても寝たきりなので心配です。。 子宮蓄膿症 どれも間違いとは言えない、愛犬への思いは 手術が心臓に負担をかけてしまって寿命が短くなってしまったら、という不安もあります。 しかし、だんだん500円玉3つ位重ねた位、硬さも大きさも範囲も腫瘍が大きくなり、去年秋に獣医に見せたら、『高齢犬だし、まだ元気なら様子を見よう』と言われ、今に至りますが、今、腫瘍がだんだん大きくなり過ぎ、腫瘍が破裂しそうになり、腫瘍の先から血のような膿のような液が出てくるようになりました。 頭を持ち上げるほどの筋力も衰えてすまうと、食事もスプーンなどで口元まで持っていってあげたりしましたが、 17歳6ヶ月の雑種犬(♂)15kgの手術を迷っています。 睾丸と肛門の腫瘍を取り除く手術ですが獣医さんからは 手術そのものは難しくないし病気は良くなるが老犬の体力が問題。 術後も長生きするかどうかは判ITmediaのQ&Aサイト。IT関連を中心に皆さんのお悩み・疑問をコミュニティで解決。 ありがとうございました。 私が参考にした本は「犬と猫のための手作り食(ドナルド・R・ストロンベック著)」です。 転移というと、血液やリンパの流れによる、異なる臓器への「遠隔転移」 とても心配ですよね、同じ様な状況を経験したものです。 あとで獣医さんに、獣医の提案の中で 血管性の腫瘍ですね。(脾臓そのものは癌にならない) ウチの犬もどんな好物さえ受け付けてくれなくなったため、獣医師の指導により以下のような方法で食事を与えました。 もし食欲なども普段と変わらないのであれば老いからくるものなので、食事や物事に対しての意欲があれば早々に命に関わる事は少なく感じます。 ●犬用粉ミルク(エスビラックを使用しました) 私は10年共に過ごした愛犬を「悪性リンパ腫」で 亡くなる3日前にはおとなしすぎて、えさも食べておらず、 どの方も同じような物と思うが考え方は違うから 4、手術 \35,000 治療費も高額になりますし、つらい思いをさせたまま逝かせてしまうこと ここ一ヶ月で急激に衰えました。 それで手作りの流動食を吸い上げ、犬の口の横の方から流し込んでやりました。 老いてくるとまず後ろ足が弱って立てなくなってきます。 1週間後の5月末に大学病院でCT検査、直接目で確認したり その時、血液検査をしたようなのですが、全ての項目が正常値で、病院から「大型犬でこの年の子ですべて正常なのは珍しいいですね。健康ですよ。」といわれました。 というのが普通なのでしょうか? あくまで私見ですが、獣医さんもApple_latteさんも決断できないという その時、血液検査をしたようなのですが、全ての項目が正常値で、病院から「大型犬でこの年の子ですべて正常なのは珍しいいですね。健康ですよ。」といわれました。 悪性の場合は転移等も早く危険だが良性の可能性もあるとのことですぐには摘出せず(麻酔が怖かったため)、最初は1ヶ月後、その後2か月ごとにエコー検査を続けたところ、特に大きさに変化もなく、おそらく良性のものだろうという先生の診断でした。 まず獣医さんに注射器型のスポイド(恐らく薬を飲ませるのが本来の目的の器具だと思います、テルモ製でした)の口を広げてもらったものを頂きました。 私は子供の頃から犬を飼っていて、 ウチの犬は幸いにも快方に向かいましたが、病状やアレルギーなど色々あると思いますので、あくまでも参考にして下さい。 何の異常も発見できませんでした。 もう元気になられましたでしょうか? 抗がん剤治療は壮絶なものだと聞かされました。 普段だとはしゃぎまわるのに、すぐに人の膝の上に乗ってきてブルブル震えていました。 シェルティ×柴の雑種(12歳・雄)ですが、 あとで自分を責めることになるのは私自身辛かったし 直接癌があるだろうと思われる部分を触ったり、 飲み込む力があれば、撫でながらや言葉をかけながら飲ませてやると何とか飲んでくれるようになりました。 そして6月末、同じ病院で、健康なうちに発ガン性を低くするためにと、去勢と左胸辺りにあったできもの(脂肪の固まりか良性の腫瘍)を手術しました。...続きを読む, お気持ちお察しいたします。 老犬なので白内障の手術はあきらめました・・・ 14歳になったころから少しづつ目が白く濁ってきたのですぐ気づきましたが、ほとんどの犬は加齢でなると聞いていたのでそのまま放置していました。 ぜひ、おしえてください。, この間、11年買っていた犬をガンでなくしました。 担当の先生も、どちらともいえないとのことでした。 よろしくお願いします。, 13歳になるラブラドールです。 生きてほしいと思って抗がん剤治療をしたことに 後悔しないためにも、ペットの生前から飼い主ができることを考えます。 Produced by ipet insurance. 合計 \64,000 長々と書かせていただきすみませんm(_ _)m 診断されたものの、ちょうど結果を聞けたのが 体力が落ち、立ち上がることもできなくなりました。 また、最悪なのは安楽死の静脈注射といっても消毒液を注射される方もいるのです。これはものすごい激痛と苦痛を伴います。まさに断末魔の叫びといってもいいと思います。高齢の獣医さんに多いように思われます。20~30年前は安楽死といえばその方法が一般的であり、また安価である(過麻酔での安楽死にくらべ値段が10~100分の1で済む)ためのようです。 ガンによるあまりにも突然の死だったので、自分で納得ができず、こまっています。 入院しました。 浸潤(にじんで広がる)したか、転移した可能性もあると思われます。 今は4代目で10歳弱のオスのゴールデンを飼っています。 一般的には、静脈内に薬を投与するというものになります。二酸化炭素を使っての安楽死は動物病院では行われてはいないと思います。(おそらく経済的な問題で) 年をとってくると腫瘍ができる犬は多いらしいよ」と手術をしない意向なんです。 どれを選ぶかは飼い主さんしだいであって 14歳という高齢でも手術をした方が、愛犬にも僕らにも幸せか、それとも、このまま手術をせず寿命に任せた方が幸せか、本当に悩んでます。 結局、私の犬の場合は抗がん剤の副作用で 停留睾丸のため傷口が2箇所あったので動くと痛かったのかもしれません。 今日の血液検査の結果を見ましたが、6月の犬ドックの時とほとんど変わらない数値で、全て正常値でした。 は大変に難しく、仮に切除手術に成功した場合でも、正直なところあまり 普段だとはしゃぎまわるのに、すぐに人の膝の上に乗ってきてブルブル震えていました。 病院で聞いてみてはみたものの(食欲も元気もないと・・・) 専門家の方、同じような腫瘍を経験された犬、 ワンちゃんも、一緒に元気出てきますよ!! 今は4代目で10歳弱のオスのゴールデンを飼っています。 入院しました。 しかしここ一週間くらいほとんど食べなくなり、ついに昨日はお味噌汁を一口なめた以外、水しか口にしていません。 そして、4日前の11/29に、のどあたりに何か引っかかったときにやる「ゲホッ、ゲホッ、・・おえ~」を時々やっていました。 今日これから、血液凝固系検査と胸部レントゲン検査を行って最終決断をしなければならないのですが、あまりに突然な事と老犬ゆえに術後のことを考えたりするとどうすれば良いのか分かりません。 6、入院 \3,500 --------- 長くて1日で退院。 医学的な根拠をベースに、食材や内容量等がかなり詳しく書かれていたのでとても参考になりました。 これらを組み合わせ、ミルクセーキにしたり、サプリメントを加えたりと色々と工夫し、日に数回に分けて与えました。 何の異常も発見できませんでした。 獣医さんにいろいろ聞きましたところ 腎不全にお味噌汁は...続きを読む, こんにちは…。 もし食欲なども普段と変わらないのであれば老いからくるものなので、食事や物事に対しての意欲があれば早々に命に関わる事は少なく感じます。 けれど立てないからと言って体を動かさないままにすると体...続きを読む, こんばんは。 腎臓以外の機能はまったく正常らしいです。 食欲もあり元気なのですが、10日ほど前から尿漏れするようになったので昨日病院に行ったところ、 手術中に死んでしまいました。 手術に対する私の考えですが、しなければ子宮蓄膿症では約1ヶ月前後で亡くなりますね。しかし、手術をすれば完治しなくともそんなに早くは亡くならないですね。こう単純に考えたら、完治しなくても長生きする方法を選びますよね。 トピ主さんと状況は違いますが、これはこれで避妊手術をしなかったことを相当後悔し、飼主失格と犬に対して申し訳ない気持ちでいっぱいにな� 7、その他 \10,000 ------ 手術直後の注射等。 うちの場合は最悪でした。 しない場合→卵巣・子宮が破れる心配(2週間前後で破裂。その場合苦痛を軽減する治療。生きて1ヶ月) うまくいえないけれど同じように犬を大切にする方と思い 獣医さんによるとひどい腎不全で夏まで持たないと言われました。 宜しくお願いします。, こんばんは。 はじめは首の周りの腫瘍を発見して気付きましたが ●鶏卵や鶉の卵 今年の6月に9歳になるので、そろそろ検査を受けてみようと、犬ドックに行きました。 抗がん剤治療は壮絶なものだと聞かされました。 ここ数ヶ月、痛みのせいか、夜キューキュー泣くようになりました。 その後、病院ですごく元気になってしまい、回りに迷惑をかけるほど、復活していました。 1ヶ月前には「ちょっと歳を取ったかな?」ぐらいに感じましたが、 眠りについたわんちゃんも、さぞかし、幸せであったでしょう。 唯一癌だとわかったのは、口の奥に出来ていたものすごく小さな 「すぐにでも手術を」と勧められたのですが、帰宅してその旨を両親に相談したところ その後、病院ですごく元気になってしまい、回りに迷惑をかけるほど、復活していました。 多くは良性の「血管腫」なのですが、後に悪性化して「血管肉腫」と 私も安楽死を経験していますが、その処置そのものを「苦しんで、可哀想でした」と言われたことはありません。「本当に眠るようなんですね..」といわれる事はありますが。 これからは後悔のすることのないように 最後まで(こういうことを考えるのは本当にイヤですが) やれることはやってあげたいと思います。 老犬の手術(極度の膀胱炎) しもじさん. ●お湯でふやかしてミキサーにかけたドッグフード 7月1日には亡くなってしまったので気持ちも何もかも追いつきませんでした。  ですから結局の所は定期検診を受けると言うことと、明らかな異常がある場合はなるべく早期に受診すること、この基本に尽きると思います。 血管性の腫瘍ですね。(脾臓そのものは癌にならない) 周りに相談する人もなく悩んでいます。 最終的には獣医さんの指示を仰いだ方が良いと思います。 願う人と、それぞれですからね、といわれました。 すぐ病院に行ったも...続きを読む, 13歳になるラブラドールです。 しない場合→卵巣・子宮が破れる心配(2週間前後で破裂...続きを読む, まず、15歳で麻酔が出来る丈夫な子であった事がラッキーですよ。 >麻酔事故のリスクと、脾臓の影(良性?悪性?)の危険性、どちらを優先すべきでしょうか。 結果が出たのがゴールデンウィークもあった為、5月の中ごろでした。 長年かわいがっているのでとっても不安です。よろしくお願いいたします。(長文失礼しました), こんばんわ。飼い犬の手術についての相談です。 「えっ!一泊で連れて帰って構いませんか?」 6、入院 \3,500 --------- 長くて1日で退院。 どなたかアドバイスをお願いします。, 今年15歳になるメスの柴犬を飼ってます。 ちなみに食欲旺盛だった17歳・18歳のラブラドール2匹は後ろ足が立てなくなって寝たきりの状態までで1年過ごしたのが最長でした。, 15才ということなので、普通に考えれば老いのために立てなくなったと思います。 手術の場合→子宮・卵巣・腫瘍部分を切除しても完治するかはわからない(生きても1・2年くらい) ハスキー犬、20cm×10cmの巨大腫瘍の切除費用は大よそこんなものでした。ただし、手術内容によっては、\74.000程度になるかも知れません。「総額で6~7万円」-私も、「そうだなー」と思います。 亡くなる3日前にはおとなしすぎて、えさも食べておらず、 右の頬~首の辺りに3.5cm×4cmくらいのこぶが出来ているのに今朝気づき、今日動物病院へ行ってきました。 衰えて立てなくなった足腰はどうリハビリしようが弱る一方です。 米粒程度の出来物を病理検査に回した結果のみでした。 体力の消耗のほうが心配だ、少しでも残りの時間を よほどガンがひどくならない限り、血液検査ではわからないものなんでしょうか? 動制限などで、進行を遅くさせることは十分可能です。 可哀想で手術した事をちょっと後悔したりもしました。 まずはしっかりと検査をしてもらい、獣医さんと 粘性の強い食材のときは、ケチャップやマスタードなどを入れる容器の口の先をを切って(口径を広げるため)使用したりもしました。 巨脾症(きょひしょう)とも呼びます。 何かを吐き出そうとするような咳でした。 肝内、肝に接した腫瘤 早く楽にしてあげたい人と、とにかく生きてくれと 僧帽弁閉鎖不全症で血管拡張剤を服用中です。 こういった場合、安楽死をお願いした時に「預かってこちらでやっておきます」といわれたり、安楽死の処置に同席を希望されても、拒否されたり、「本当に見るんですか?」などと消極的なことを言われると思います。 もう元気になられましたでしょうか?  血液検査というのは万能な検査ではありませんから、血液検査さえすれば安心という、依存した考え方は良くありません。やはり生活の中での些細な変化や、身体の変化、お腹の張り具合などの変化を観察することは大切です。異常が疑われれば血液検査と合わせてレントゲンやエコーなどの画像診断によって、血液検査では分からない、実際の形を判定することで、病気を早期に見つけることはできるかもしれませんね。それから年齢というのはやはり重要な要素です。歳を取ってくればそれだけ病気が多くなることは常に考えておくべきでしょうね。 退院してから今日で3日目になるのですがワンコはずっと元気がなく寝っぱなしです。 手術後というのは【寝っぱなしで元気もない】 薬を処方されましたが改善されず、4月半ばになると 他の獣医に聞いたら、あまりにも症状が良くないのなら飼い主が望むなら安楽死も考えましょうとのことでした。 大変にかわいそうな思いをさせてしまいました。 14歳になったころから少しづつ目が白く濁ってきたのですぐ気づきましたが、ほとんどの犬は加齢でなると聞いていたのでそのまま放置していました。, そのうち散歩中に溝に落ちたり電信柱にぶつかるようになり、かなり悪化してきてるんだと感じ病院に連れて行きました。, 水晶体を交換する手術しか手がないことともう病院に行った時は15歳を超えていたため麻酔によるショック死もありえると聞き手術を諦めました。, ですが、やりきれない気持ちでネットを色々探し輸入の薬をみつけたので試してみることにしました, 目薬ですので一日2回点眼し、犬によって効き目が違うと口コミで感じたので約1年続けました。, 白内障治療の点眼の効果がなかったため諦めました。その後しばらくして完全に両目とも失明してしましました。, 失明後は目が見えないことで色んなところにぶつかりまくることと亡くなる2か月前に発作を起こし寝たきりになるまで以外は食欲もあり元気で過ごせました。, ただもう少し早くから白内障治療の点眼を始めて、もし治っていれば亡くなる前に私の顔を見てもらえたんではないか?, 不自由な生活を2年くらいさせないで済んだのではないか?と今でも思い出すと涙が出ます。, もう一匹犬がいますのでもしその犬が白内障になった場合は、日本ではまだ点眼タイプの白内障の薬はないとのことなので、今度は白内障の症状が進む前から試してみたいと思います。, 同じような薬でシーナックというのもあるそうなので次回はシーナックを試してみて、もし効かないようならCAN-Cをまた試してみたいと思います。, 白内障の手術はかなり高価で目も完全に見えるようになるので、金銭的にも問題がなく手術に耐えられる状態の年齢や体調ならお勧めしますが、金銭的にも余裕がなく手術に耐えられる状態の年齢や体調ではない場合は点眼薬に頼るしかないとおもいます。, ただし効く効かないがはっきりしていることと効果が出るまでの期間がペットによってかなりの差があります。もし効かなかった場合は失明となるのであとは自宅の環境を目が見えないペットのために整える必要があります。, 頭をぶつけても痛くないような工夫が必要です。またペットは感覚でどこに何があったかを覚えているので部屋の模様替えなどはしないほうが良いです。, また散歩の際は道の端を歩くと溝におちたり側溝のふたの隙間に足を挟んでしまうことがあるので注意が必要です。失明をしてもちゃんとした環境を整えてあげれば穏やかに過ごすことも可能だと言うことを知っておいてください. (大学病院でのCT、血液検査、レントゲンなど)で 痙攣のように震えていたので神経がどうにかなったのか これを、一般的に【脾臓腫瘍=ひぞうしゅよう】と呼びます。 ところが、先月の再検査で、脾臓にもう一つ影が見つかりました。 獣医さんによるとひどい腎不全で夏まで持たないと言われました。 老犬なので体力は大丈夫でしょうかというと、血液検査の結果は麻酔はできる状態と言われました。 「すぐにでも手術を」と勧められたのですが、帰宅してその旨を両親に相談したところ 担当の先生は、健康な犬でも麻酔時の事故は0.05%前後だとおっしゃっていました。 もともとあったものは大きさに変化ないため、転移は考えにくい、新しくできたものだろうとのことで、新しくできたものに大きさに変化がないか、2週間後に再検査をしたところ、大きさに変化なしでした。 家には、14歳になる愛犬(柴雑種)がいます。普段は全く元気なのですが、胸の辺りに3つの腫瘍があり、最近呼吸が荒くなり苦しそうにする事があったので、近くの動物総合病院で診てもらった所、脾臓(ヒゾウ)に腫瘍の様な物があると言われ、手術してそれらを切除をした方が良いと言われました。良性か悪性かはわからず、呼吸が荒くなる原因もはっきりとはしていません。 しかし、それが3日続いた昨日、床に少量の血がありました。 3、初診料 \500 今の状態を見ていると手術前のように元気になるのか・・と心配で眠れません。。 ここ一ヶ月で急激に衰えました。 その獣医さんの話では、腫瘍を切除してみなくては、良性か悪性か解らないとの事だっだのです。つまり、犬の場合、病理検査は出来ないとおっしゃってました。 3年前に、小さな乳腺の腫瘍があり、獣医の診察を見せたら、『様子をみましょう』とのことで、食欲もあるし、そのまま様子を見ました。 犬の場合は人間の3倍以上の速さで全てが進行します。 エコー検査で見つかる脾臓の異常な影は、脾臓の腫瘍ではなく、 2日前に、あきらかに貧血症状が出、病院へ連れて行ったところ、 1年前(2011年1月)、初めて受けた健康診断のエコー検査で脾臓に影が見つかりました。 卵巣腫瘍化の疑い ギー、心臓疾患、その他の病歴などによって、最終的に可能かどうかを また、治療してもなかなか長く生きられないし 安楽死を行うのであれば調べるので、具体的にどういった薬剤を使用するのか教えて欲しいと聞いてみていいと思います。隠すものではないですし、教えてくれないのならば、怪しいともいえます。 今年15歳になるメスの柴犬を飼ってます。 一般的には、静脈内に薬を投与するというものになります。二酸化炭素を使っての安楽死は動物病院では行われてはいないと思います。(おそらく経済的な問題で)  また、進行すれば異常が出て来るとも限りません。肝臓や腎臓などの臓器が冒された場合は何らかの異常があらわれる可能性はありますが、ケースによって違いますので一概には言えません。脾臓にできやすい腫瘍の場合、脾臓に特異的な血液検査項目というのはありませんから、やはり異常を見つけることは難しいでしょう。消化管にできる腫瘍の場合は下痢や嘔吐などの症状が現れますので、そうしたことから病気を疑うことができます。 唯一癌だとわかったのは、口の奥に出来ていたものすごく小さな 普段ならおしっこを何回もするのですが、術後は起き上がるものつらいのかトイレにもほとんど行きません。 手術は後悔していらっしゃらないのですね。 ですが、見た目も元気だしお散歩も喜んで行っていました。 参考URL:http://www5.ocn.ne.jp/~select/Ten-Commandments.html, ながながとすみません。安楽死についてもお答えしようと思います。 元気がなくて当然だと思います。 針で3ヶ所細胞をとって顕微鏡で見てもらったら「悪性の腫瘍である疑いがあります」と言われました。 「もう老犬だし、今のところ元気だから高い治療費を払って手術しなくてよい。 ボケなのか分かりませんが、ビックリするぐらい頑固で言うことを聞かなくなったりすることもあります。 あらゆる検査をしたにもかかわらず 前足は後ろ足に比べて衰えるのが遅いので、トイレの時は腰を支えて(もっと衰えた時は持ち上げるように)あげると意外と元気に歩き回りますよ。 「年齢のせいもあるかな」程度で、元気ですよ!といわれましたし、 全身麻酔においては、「術前評価」というものがあり、年齢、体力、アレル がイメージされますが、「局地転移」もありますからね。 まずは老いであるのか、何か病気なのかだけでも把握した方がいいかもしれません。 ただこの麻酔薬というのは多種多様にわたりあるので、選択によっては苦しむものがあります。きちんとした麻酔薬を選択すればそんなことはないのですが...自分の病院にない、わざわざその薬を買うのはもったいないなどの理由で苦しむタイプを使用される方もいらっしゃるようです。 うちもオス犬ですが、去勢と乳歯抜歯を一度にしましたので、なかなか元気になるまでには時間がかかりました。 個人的には血管の外に漏れると激痛があるものもあるので、注射針を血管に直接刺すのではなく、血管留置カテーテル(弾力性のある、プラスチックのやわらかい針、静脈点滴を入れるときなどに使用する)を使用してあげるのが良いと思っています。 手術前の血液検査でも、肝臓に関する数値はさほどでもない、とのことでした。 私はもしその腫瘍が悪性の可能性があるならとって、一日も長生きしてもらいたいと思うのですが、 今年の6月に9歳になるので、そろそろ検査を受けてみようと、犬ドックに行きました。 しかも、ものすごい悪性度の高く浸潤性の進行性も早い 中高齢の犬や肥満体型の犬がなりやすい胆嚢の病気。愛犬が胆嚢に問題があり、今後の事を考えて元気なうちに胆嚢摘出手術をしました。胆嚢について、胆嚢の病気の種類や原因、症状、検査法、治療法、胆嚢摘出手術の注意点やリスク、手術費用や入院期間について説明します ただ、たまたま3週間前におこなった血液検査での異常は もう一度よく考えてみます。 長文で申し訳ありません。 まず獣医さんに注射器型のスポイド(恐らく薬を飲ませるのが本来の目的の器具だと思います、テルモ製でした)の口を広げてもらったものを頂きました。 ただ、ヘルニアや内側からくる病的な事で立てなくなる事もあるので、そこは獣医さんの判断になります。 エリザベスカラーのせいもあってか動作はすごく鈍かったです。 癌が疑われたワンちゃんは、まず、その腫瘍の診断を確定させるための検査と、どんな治療に耐えられるかの全身検査をします。 大抵、癌が疑われるのは高齢のワンちゃんが多いため、手術ですと体力がないと出来ません。また、とても弱っていて体力がなさそうな場合は抗がん治療も出来ないことがあります。 そして、次の検査は、「転移がないか」です。先ほどの夢ちゃんのように、例えば乳腺腫瘍が見つかりましたが、それは乳腺の中だけなのか、リンパ節にまで入っているのか、それと全身に転移し … 点滴をすると2~3ヶ月くらいまで持たせられるかもと言われましたが、病院が嫌いでひどくおびえるので、あんなにストレスを与えるぐらいなら家で寝かせておいてやろうということになりました。 人間の1ヶ月が3ヶ月です。 しかし、だんだん500円玉3つ位重ねた位、硬さも大きさも範囲も腫瘍が大きくなり、去年秋に獣医に見せたら、『高齢犬だし、まだ元気なら様子を見よう』と言われ、今に至りますが、今、腫瘍がだんだん大きくなり過ぎ、腫瘍が破裂しそうになり、腫瘍の先から血のような膿のような液が出てくるようになりました。 そこでようやく扁平上皮癌という悪性の癌だとわかり、 紛らわしいことに【脾腫=ひしゅsplenomegaly】というものがありま 新規無料会員登録で抽選で1000名様に電子コミック1000円分ギフトコードプレゼント!! その時はティシュなとあてて肛門をマッサージすると、刺激されて排出をさせることもできます。 合計 \64,000 先日手術について質問させていただきました。