練習曲(れんしゅうきょく)とは、楽器や歌の演奏技巧を修得するための楽曲 。 フランス語風にエチュード(Étude、「学習」の意:英語のstudyに当たる)ともいう。技巧の習得のためだけでなく、音楽作品として充実した内容を持つものもある 緊急事態宣言が発出されている現在、ストレスも多いかと思いますが如何お過ごしでしょうか?キツいときは無理せず、ちょっとだけでもリラックスできる時間を作って下さいね!, さて、家にいることが多くなりがちな昨今ですが、そのせいか「打楽器のひとは家でどんな練習をしてるの?」と聞かれることが度々。そこで今日は、ティンパニ・打楽器奏者の練習事情をご紹介したいと思います!もちろん練習の仕方は人にもよると思いますので、あくまで一例としてお読みいただけると幸いです。, 皆さんご想像のとおり、ティンパニや打楽器は音量や振動が非常に大きい楽器です。自宅で思いきり練習するのは相当の設備がないと難しい…。, そこで、実際の楽器を使わずに"練習台"と呼ばれるゴム製のパッドを使用して基礎トレーニングを行います。これを利用することによって、音量を抑えつつ演奏に必要なテクニックを養うことができるというわけです。, こちらは硬いラバーのパッド。比較的しっかり打音を聞き取ることができ、リバウンドも強いです。主に小太鼓のスティックを使用した基礎トレーニングのために使用しています。, こちらは厚めのウレタンパッド。打音が極めて小さいため、夜間の練習にも適しています。, 弾力があるためティンパニのマレットを使って練習することもできます。ぼくは自室にこのタイプの練習台を複数台ならべて、ティンパニの譜読みやトレーニングなどをしています。, (もちろん、練習台だけで全てのテクニックを習得できるわけではありません。定期的にスタジオ等を借りて、楽器をレンタルして練習する必要もあります。これが結構金かかる…), 基礎トレーニングに使用する教本にも、様々な種類があります。ぼくが普段使用している楽譜を、少しだけご紹介しましょう!, Stick control(George Lawrence Stone 著)打楽器奏者にとってはおなじみの本。中身は単純ですが、その名の通りスティックを自在に操るための基本的なトレーニング。音色やアーティキュレーションを幅広く表現するための、基礎的な能力を身につけるのに最適!, Wrist twister(Elden C."BUSTER" Bailey 著)ぱっと見は複雑ですが、音楽的なフレージングとそれを実現するテクニックの向上に役立つ本。序文に大切なことが書いてあるので読み飛ばすこと無かれ。文句なしのボリュームで、毎日やっても飽きない(というか終わらない)。, Pauke üben(Arend Weitzel 著)ティンパニ奏者にとってはおなじみの本。ティンパニを演奏するのに必要な動作を徹底的に鍛錬できます。あらゆる場面での音色コントロールを可能にするために、大変有用なトレーニング。, これらはほんの一例ですが、上記のような教本を使用しながら本番を控えているプログラムや担当する楽器などのことを考えて状況に応じたトレーニングをしています。, 改めて、教本たちにスポットを当てて様々な練習方法を紹介していきたいですね!また、基礎トレーニングだけでなくエチュード(練習曲)についても紹介したい譜面がたくさんあるので、少しずつ時間をとって記事にしていきたいと思います!, 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団首席ティンパニ奏者、東京吹奏楽団ティンパニ奏者。趣味はボードゲーム。. 楽器は大切に 楽器は自分の命と同じくらい大切にしましょう。楽器を大切に扱えば、楽器も良い音で答えてくれます。楽器をぶつけたり傷つけたりしないこと、手入れを欠かさずすることは、楽器を扱う最低限の条件です。初心者にはこのことを徹底して教えましょう。 合奏の基本となるアンサンブルとソルフェージュの向上のための個々の目標. 楽器の正しい奏法と知識を身に付けること。. "),d=t;a[0]in d||!d.execScript||d.execScript("var "+a[0]);for(var e;a.length&&(e=a.shift());)a.length||void 0===c?d[e]?d=d[e]:d=d[e]={}:d[e]=c};function v(b){var c=b.length;if(0, ただ音をのばすだけ。 いつも決まったメニューをこなしているだけ。 チューナーを見ながら吹く練習。, ロングトーンは「基礎中の基礎」と言われがちですが、実はとても高度な練習です。同じ音をのばし続けるために想像以上にいろんなことをやっているからです。, 同じ息のスピードを出し続けること。 アンブシュアの形を保ち続けること。 アパチュアの大きさを一定に保ち続けること。 唇周りの筋肉への負荷を同じ状態で保ち続けること。, ロングトーンは身体のいろんな部分に負担がかかりやすい練習。だからただ吹いてるだけのロングトーンならやらない方がいいです。, ぼくはずっとロングトーンの練習が大嫌いでした。ロングトーンした後いつも調子悪くなっていたからです。 身体もあちこち痛いし、凝ってくる。 どれだけ吹いても疲れるばかりでいまいち効果もわからない。, そんなロングトーン嫌いのぼくがひとつだけ「これはいい!」と思ったオススメの練習方法があるので紹介します。  ロングトーンについての考え方も一緒にどうぞ。, ぼくはロングトーンの練習を生徒に伝えるときに「音の形をまずは考えて吹いてみよう」と言っています。 話はそれからです。これはなんでしょう。 そう!鉛筆です。, 音の出だしのことです。 音の出だしはノータンギングの練習でない限り、必ずタンギングをしましょう。, ぶつっと切れたり、なんだかうまくいかない場合は音はまだでているのに口が閉じてしまっていることが多いです。, ここでなんでもいいのでひとつの音を声に出して歌ってみましょう。音の終わり、どうでしたか? 音が終わると唇は閉じてきますがピッタリ閉じはしませんよね。 楽器でもそう吹けるとステキです。, 音の形が見えてきた次の段階で「音程を合わせるってどういうことだろう?」という話ができます。 最初からチューナーを見て、針をメーターの真ん中に合わせる練習はロングトーンではありません。, 響きが豊かになり美しい音色になり音程が定まり、そう、つまりすべてはロングトーンに始まってロングトーンに終わるのです、と。, 野球やテニスの素振りと同じですね。 いい吹き方で繰り返し吹くことで、少しずつ体が覚えていきます。 これは何の練習でも必要なことです。, ぼくらは楽器を吹くために生まれてきたわけではないですから、唇の周りの筋肉はそんなにもともとないです。, ですからいくらかは鍛える必要があります。 と言っても「あいつ、唇の周りの筋肉ムキムキだぜ!」と言われているのは聞いたことがありませんから、ほどほどで大丈夫です。, 金管楽器を吹くために必要な筋肉を鍛える!P.E.T.E.を2週間使った感想と使い方を紹介!, ただ息を楽器に吹き込んで唇を振動させているだけのロングトーンと、「こんな音を出したいな」「こんな音が好き」と思って吹くロングトーンでは不思議なことに音が変わります。 人はイメージしたものに自然と近付いていこうとするんです。, 幅広い音域をロングトーンすることによって、特定の音を吹くにはどれくらいの息の量やスピード感が必要で、口の中の広さや舌の位置はここらへんで、アパチュアの大きさはこれくらいで、と身体が覚えます。 繰り返すうちに自動で吹けるように、スムーズに息が使えるようになります。, 無理な吹き方をしていると、無理な吹き方で長時間吹くことになるので、体が痛くなってきたり、疲れやすくなったり、バテます。, 楽な構え方で、自然にブレスをとっていい状態で吹き続けることができないと、ロングトーンは一瞬にして危険な練習になります。, 無理な吹き方で吹き続ける、ということは無理な吹き方を身体に覚えさせている、ということだからです。, あとは経験的に「あまり向かないかも」という人もいます。 なので必ずしもやらなければいけない練習というわけではない、というのがぼくの今のところの考えです。, これは今まで散々ロングトーンをやったからこそ言えることです。 ちょっとやってうまくいかないから「俺向いてないからやんなくていいや」ではなく、自分に合った練習法なのかどうか探してみるために必ず取り組みましょう。 メリットもたくさんあります。, 1人でも2人でも何人でも練習できます。なんの音からはじめても構いませんが「一番いい音」から吹き始めるといいでしょう。大抵は中高生だったら毎日吹いてるチューニングB♭からがおすすめです。, 大きな音量はいりません。 なるべく少しのエネルギーで息で吹ける音量で。 そう心がけることでPの練習にもなるし、音色に響きが増し、音色がつくられていきます。, 息を使い切ることにも意味があります。 息を使い切ることで、吹き終わった後に自然に息が深く吸えるようになります。, プールで息継ぎなしで長距離泳いだ後、顔が上がったら目一杯息を吸いますよね。 あんな感じです。, 2人以上でロングトーンをするときは、全員の音が鳴り止むまでが一回です。 周りよりはやく自分の音が消えちゃうと「もっと長く伸ばしたい!」となるのでやる気がでます。, 静かな音で音を伸ばしています。 イメージする場所は大きなホール。 音をだしているのはあなた一人。, 空間や状況をイメージしてロングトーンをすると、室内に静けさが生まれてきます。 緊張感とも言えるかな。 これにも大切な意味があります。, パートでロングトーンをする場合。 ホルンセクションでロングトーンする場合は、一番左端の人がリーダーになります。 リーダーが基準の音を出すので、チューナーを使うならリーダーだけが使いましょう。, 最初4カウントして、その後1人でロングトーンするのと同じ要領でみんなでロングトーンします。, 周りの音を聴きながら楽器を吹く。 ホルンの場合は左隣の人の音を聴きます。 周りの音を聴こうと思って吹くだけで自然と音程が合っていきます。 響きが混ざってきます。 そうすると音程が合っていない時に感じる音程のうねりが消えて、いい響きに変わります。, ホルンで練習する場合に、左隣の人の音が聞こえないときは自分の音が左の人より大きい可能性があります。 より静かに吹きましょう。, 耳を使って聴くことに集中してロングトーンすると音程が合ってきます。 聴く力を鍛えるいい機会になります。, 一番大切なことは「どうなりたいから練習するのか」です。 タンギングが苦手なのにロングトーンするのは違いますし、ただやらされているだけならやらないほうがいい。, ロングトーンは絶対的なものではなくて、あくまで手段のひとつです。 そこを理解するだけで練習の質が変わります。 紹介した練習法をぜひ楽しみながらやってみてください。, 関連記事 アンブシュアの筋トレ?!「P.E.T.E.」を2週間使った感想と使い方を紹介!, はじめの5分取り組むだけで自分史上1番いい音で練習を始めることができるマウスピース練習, 管楽器奏者のためのパーソナルコーチ。 レッスンのプロ。 楽器を吹く上での考え方、奏法、取り組みなど、ひとりひとりの日常に取り入れやすく、役立つ情報をお届けします。, ◆自分に合った練習を考え、取り組む。自分で考え、取り組み、うまくなるためのきっかけに。. (e in b.c))if(0>=c.offsetWidth&&0>=c.offsetHeight)a=!1;else{d=c.getBoundingClientRect();var f=document.body;a=d.top+("pageYOffset"in window?window.pageYOffset:(document.documentElement||f.parentNode||f).scrollTop);d=d.left+("pageXOffset"in window?window.pageXOffset:(document.documentElement||f.parentNode||f).scrollLeft);f=a.toString()+","+d;b.b.hasOwnProperty(f)?a=!1:(b.b[f]=!0,a=a<=b.g.height&&d<=b.g.width)}a&&(b.a.push(e),b.c[e]=!0)}y.prototype.checkImageForCriticality=function(b){b.getBoundingClientRect&&z(this,b)};u("pagespeed.CriticalImages.checkImageForCriticality",function(b){x.checkImageForCriticality(b)});u("pagespeed.CriticalImages.checkCriticalImages",function(){A(x)});function A(b){b.b={};for(var c=["IMG","INPUT"],a=[],d=0;db||1342177279>>=1)c+=c;return a};q!=p&&null!=q&&g(h,n,{configurable:!0,writable:!0,value:q});var t=this;function u(b,c){var a=b.split(". //=b[e].o&&a.height>=b[e].m)&&(b[e]={rw:a.width,rh:a.height,ow:a.naturalWidth,oh:a.naturalHeight})}return b}var C="";u("pagespeed.CriticalImages.getBeaconData",function(){return C});u("pagespeed.CriticalImages.Run",function(b,c,a,d,e,f){var r=new y(b,c,a,e,f);x=r;d&&w(function(){window.setTimeout(function(){A(r)},0)})});})();pagespeed.CriticalImages.Run('/mod_pagespeed_beacon','https://gonzayuichi.com/longtone','bfgHp_XldL',true,false,'hapZe8SAYCs'); 音名(おんめい) まず始めに、日本の音名と英語の音名を、ハ長調(C Major / シーメジャー)で覚えましょう。 I-2. 表層筋を鍛えることはまったく無意味 ... 参考 基礎力アップ講座 呼吸法の練習 ... チューバに限らずどの楽器にも共通する練習の方法・ポイントや、楽器を演奏するにあたっての考え方などを発信しています。 動画またはビデオチャットを使った、管楽器のオンラインレッスンを提供していま� イヤー・トレーニング⇒ピッチを聴き分け、音程感、和声感を修得すること. ":"&")+"url="+encodeURIComponent(b)),f.setRequestHeader("Content-Type","application/x-www-form-urlencoded"),f.send(a))}}}function B(){var b={},c;c=document.getElementsByTagName("IMG");if(!c.length)return{};var a=c[0];if(! 初心者が倍速で上達するピアノ練習法をご紹介します。たった1時間でできるピアノ上達法や、上達のコツ、初心者の方がやってしまいがちな非効率な練習法も解説します。ピアノを上達するには普段の練習法を見直すことが大切です。この練習法を実践して倍速でピアノを上達させましょう。 和音(コード)の基礎 I-1. 'http':'https';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+"://platform.twitter.com/widgets.js";fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document,"script","twitter-wjs"); (function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0];if(d.getElementById(id))return;js=d.createElement(s);js.id=id;js.src='https://connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v3.2&appId=216908025394427&autoLogAppEvents=1';fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}(document,'script','facebook-jssdk')); ©Copyright2021 GONLOG うまくなりたい経験者のためのホルン・管楽器個人レッスン.All Rights Reserved. 基礎(きそ)とは。意味や解説、類語。1 ある物事を成り立たせる、大もとの部分。もとい。「基礎がしっかりしているから、上達が早い」「基礎を固める」「基礎知識」2 建造物の荷重を支持し、地盤に伝える最下部の構造物。地形 (じぎょう) ・ … 楽器とはいえ、楽器は単なる拡声器でしかありません。音はここ、マウスピースで作られます。 楽器でどうして「音」が良くなるの? ... それと、つまらない練習に「華」を添えるという意味もありますね。 まぁ、楽しんで吹いてください。 Step.9 !b.a.length)for(a+="&ci="+encodeURIComponent(b.a[0]),d=1;d=a.length+e.length&&(a+=e)}b.i&&(e="&rd="+encodeURIComponent(JSON.stringify(B())),131072>=a.length+e.length&&(a+=e),c=!0);C=a;if(c){d=b.h;b=b.j;var f;if(window.XMLHttpRequest)f=new XMLHttpRequest;else if(window.ActiveXObject)try{f=new ActiveXObject("Msxml2.XMLHTTP")}catch(r){try{f=new ActiveXObject("Microsoft.XMLHTTP")}catch(D){}}f&&(f.open("POST",d+(-1==d.indexOf("?")?"? 皆さんご想像のとおり、ティンパニや打楽器は音量や振動が非常に大きい楽器です。 自宅で思いきり練習するのは相当の設備がないと難しい…。 そこで、実際の楽器を使わずに"練習台"と呼ばれるゴム製のパッドを使用して基礎トレーニングを行 … テンポ感(テンポキープを含む)、リズム感、拍子感を修得すること。. 同じ楽器のアンサンブル、木管アンサンブル金管アンサンブル、打楽器アンサンブルなどいろいろなアンサンブルをしてください。 ハーモニーの練習 ... 最近はハーモニーを練習できるいいバンドエチュードが出版されています。この練習でいつもいい響きを出していると、体や耳が正しい音程