狩猟免許(わな猟)所持者を対象に「くくりわな」及び「箱わな」による効果的な捕獲技法の習得を目的とした研修会を開催します。 開催案内 [pdfファイル/142kb] 岐阜県鳥獣被害対策本部 京都府におけるクマの狩猟及び有害鳥獣捕獲による総捕獲数は、1974年まで増加し、その後ゆるやかに減少している。 狩猟数は、1974年に64頭でピークとなった後、平成4年度以降は大日本猟友会や狩猟者の自主規制により大幅に減少した。 は,京都府や隣接する市町との連携による 広域捕獲を猟友会の協力を得て実施して いる。 ・また,ニホンジカ,イノシシ,ニホンザ ルについては,捕獲活動経費(平成25年度 ~平成29年度)を,ニホンジカについては 有害捕獲奨励金(平成26年度~平成29年度 野生鳥獣(有害鳥獣)の捕獲 鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律(鳥獣保護管理法)では、野生鳥獣又は鳥類の卵については、狩猟により捕獲する場合を除いて、原則としてその捕獲、殺傷又は採取(以下「捕獲等」という)が禁止されています。 「 鳥獣被害防止に向けた集中捕獲キャンペーンについて」 新着情報! 「 鳥獣被害防止総合対策交付金の公募に係る農林水産省共通申請サービス(emaff)の活用について 」 新着情報! 捕獲した個体の所有権は誰のものになりますか。受託者が自家消費できますか。 鳥獣保護管理法や指定管理鳥獣捕獲等事業交付金の交付要綱においては、適法捕獲個体の利活用を制限する規定は設けて … ら被害防止のための鳥獣の捕獲許可 の権限が委譲される。 権限委譲 特別交付税の拡充(交付率0.5→0.8)、 補助事業による支援など、必要な財 政上の措置が講じられる。 鳥獣被害対策実施隊を設置すること ができ(民間隊員は非常勤の公務員)、 110. ヌートリアはカピパラによく似ています。 日本では四国、中国で多く見られ、特定外来生物として指定され、 ヌートリアを捕獲すると補助金が. 全額京都府補助 2 助金 集落営農発展型農場づくり事業補助の整備に対する補助。全額京都府補48万円…茶生産農家の機械設備等 717万円…農業法人などが 行う機械器具等の整備に対する補 助。全額京都府補助 雙栗神社拝殿保存修復事業補助金 外来種害獣ヌートリアのまとめ 京都府 第003号: h28.7.5: 一般社団法人 jaグループ京都有害鳥獣対策本部: 京都府京都市南区東九条西山王町1番地: 中川 泰宏: わな(ニホンジカ、イノシシ) 京都府 第004号: h30.1.29: 一般社団法人丹波吹風山狩猟会: 京都府福知山市字石原698-5: 衣川 清美 三重県における鳥獣の生息数管理および捕獲等 三重県では、鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律に基づき、鳥獣保護管理事業計画及び第二種特定鳥獣管理計画(ニホンジカ、イノシシ、ニホンザル)を策定しています。 令和2年度わな捕獲技術向上研修会. 地方独立行政法人大阪府立環境農林水産総合研究所のサイトです。大阪府の農業、畜産業、漁業や水生生物に関する研究や、環境中の様々な物質のモニタリングに関する情報、当研究所が対応可能な技術支援内容などを紹介しています。 外来魚駆除促進対策事業や外来魚繁殖抑制対策事業で捕獲した外来魚を集荷し、魚粉等の原料としています。これら事業に要する経費を滋賀県漁業協同組合連合会に対して補助しています。 住宅用太陽光発電システム補助金を交付した。 (平成24年度実績212件、補助金額15,583千円、公称最大出力 916.95kw) 川東浄化センターで約100KWの太陽光発電システム設置に向けた調査設計を行った。 ヌートリアを「捕獲・駆除」すると補助金・報奨金がもらえるの? ヌートリアは、南アメリカ原産で、過去毛皮を取るために、 移入したもので、その影響で北アメリカ、ヨーロッパ、 日本に定着しているよ … まずは無料お見積りから。害獣駆除のプロが丁寧・親切に対応してくれます。, 野良猫の対策について解説しています。ネコが嫌がるスプリンクラーや、嫌いなにおいについて説明しているほか、動物の愛護及び管理に関する法律(動物愛護法)に触れてしまう可能性のある野良猫対策方法についてどのようなものがあるか調べました。, 自宅の庭で猫が糞尿をして困っている方にとっては、本当に迷惑なことです。猫はトイレを覚えると同じ場所で糞尿をするため、一刻も早く、猫よけ対策をしたいですよね。猫が嫌がる環境作りをして、猫を退散させましょう!, 鳩の被害で困っている方はいませんか?鳩がベランダの手すりなどに糞をすると臭いだけではなく外観も悪くなります。鳩の駆除対策は早いに越したことはありません。駆除対策をチェックして被害とおさらばしましょう!, ネコ避け対策グッズを、大手通販サイトの口コミで人気がある順番に紹介しています。薬品を使わないで超音波と光で撃退する野良猫撃退器や、ネコが嫌うニオイでできている忌避剤、トゲトゲでネコを通れなくするシートなど、15個のグッズを解説します。, ヤモリ嫌いの方にとっては見るのはもちろん、家の中にいること事態許せないでしょう。ヤモリを見つけたら"どうにかして駆除したい! "と思いませんか? 今回は、ヤモリの駆除方法等をチェックしていきましょう。, 毎日革靴を履く人にとって悩みの種は「革靴の臭い」。服装や髪型はバッチリきまっているのに、靴を脱いだら残念なことに…。そんな状況は絶対に避けたいですよね。本記事では革靴の臭いを取る方法と、毎日できる臭いの予防策を紹介。「靴を脱ぐことを気にしなくていい!」そんな最高の毎日を手に入れましょう。, 湯呑やカップに付いた茶渋を落としたいけど方法が分からない、という人も多くいるのではないでしょうか。本記事ではそんな茶渋を落とす方法から、茶渋がカップに付かないようにする予防方法までを詳しく紹介します。, ブロッコリーは虫が付きやすく、正しい洗い方をしないと虫と一緒に食べる可能性があります。洗い方のコツを知り虫のいないブロッコリーを食べましょう。付きやすい害虫、正しく洗う方法、注意点などをまとめました。, 服が虫に食べられて穴があいていたら、カツオブシムシを疑いましょう。カツオブシムシは日本全国に生息している虫で、駆除しなければ被害が拡大するかもしれません。早速、駆除方法や予防策などを見ていきましょう。, シャワーヘッドの簡単なお掃除方法を知っていますか?本記事では「お湯を流すシャワーヘッドがなぜ汚れるのか?」その原因を解説し、家にあるものや100均で簡単に手に入るお掃除道具を使って、シャワーヘッドの簡単なお掃除方法を紹介します。毎日できる汚れの予防方法を実践して、ラクにお掃除しましょう。, 野生鳥獣であり特定外来生物であるヌートリアの捕獲においては、法令上の規制が存在するため、それらに則って適切に行われなければなりません, https://www.city.okayama.jp/jigyosha/0000016858.html 参照. 全国各地で野生動物の市街地や集落への出没が急増し、農家にとって害獣による被害は深刻です。平成28年度の農林水産省の調べでは、野生鳥獣による農作物への被害状況はおよそ172億円で、その8割が獣類、2割が鳥類(※)となっています。代表的なイノシ 曇り三重県に、pm2・5の警報が出されています。 有害鳥獣捕獲許可申請に係る被害状況の報告書です。 4 有害鳥獣捕獲申請に係る被害状況調査書(pdf版) (pdf形式, 87.13kb) 有害鳥獣捕獲申請に係る被害状況の報告書のpdf版です。 5 捕獲実施計画書(word版)(docx形式, 18.86kb) 有害鳥獣捕獲に際しての計画書です。 Copyright © Kyoto Prefecture. 文化庁文化財部記念物課(2013)特別天然記念物カモシカとその保護地域の管理について pp1-130 文化庁, 村上興正(2009)変化しつつある野生鳥獣と人間の関係 農業と経済 2009-3 昭和堂. ヌートリアは作物を食い荒らすため農家にとっては憎き存在です。でも、ヌートリアは自分で駆除できるって知っていますか? 今回はヌートリアを「自分で駆除する4つの方法」や見つけた場合の注意点、報奨金の有無などについてご紹介します! ヌートリアは作物を食い荒らすため農家にとっては憎き存在です。でも、ヌートリアは自分で駆除できるって知っていますか? 今回はヌートリアを「自分で駆除する4つの方法」や見つけた場合の注意点、報奨金の有無などについてご紹介します!, あなたは、カピバラに似ているヌートリアを知っていますか? ヌートリアは外来種で、第二次世界大戦中に毛皮を作るために輸入されました。戦時中は1家に1頭飼育していましたが、終戦後、軍や家で飼育されていたヌートリアは川に放たれ繁殖し続け現在に至ります。ヌートリアは日本の限られた地域に生息している動物で、作物などを食い荒らす害獣です。当然、ヌートリアは害獣のため駆除対策に力を入れている自治体もあります。悩ましいヌートリア問題ですが、被害に遭っている方は『自分でできる駆除方法4つ』を実践しましょう。他にも、『ヌートリアを駆除する時の注意点』や『ヌートリアを駆除した場合の捕獲奨励金』なども要チェックです!, ヌートリアはネズミの仲間で原産は南アメリカです。日本の生息地域は、近畿(一部地域除く)・中国・四国・東海・九州などにいます。大きさは大体40㎝~70cmで、25㎝~45cmある長い尻尾と小さな耳が特徴です。ヌートリアの歯はオレンジ色で噛む力が強く、大体の物は噛みちぎることができ、爪は鋭利のように鋭く後ろ足だけ水かきがついてます。体の表面の毛色はグレーや黄土色をしていますが、毛の根元付近は濃いグレーで、表面の毛質は硬く指通りが悪いです。でも、毛の根元付近は柔らかく撥水します。生活拠点は、川・沼地・ため池などの水辺で水の流れが弱い場所や土手に巣を作り、巣の中はいくつもの通路があり枝分れしている状態です。活動的になる時間帯は朝と夕方で昼間は巣の中で休んでいます。エサは水中や水際に生えている植物を食べますが、中でも大好きなのが根や茎の部分です。他にも、二枚貝を食べたり畑に侵入してニンジンを食べることもあります。ヌートリアの性格はおとなしく、危険を察知しなければ人を襲うことはありません。寿命は大体5年~10年で1年の間に2回~3回出産し、1回の出産で誕生する数は1頭~6頭です。, ヌートリアのよくある被害は大きくわけると、『巣による被害』『生態系の被害』『農作物への被害』の3つになります。巣による被害ですがヌートリアは土手や水際に巣を掘るため、落盤したり最悪の場合は堤防が決壊する可能性もゼロではありません。また、ヌートリアに二枚貝を食べられると生態系が崩れます。例えば、タナゴは二枚貝に産卵しますが、産卵後にヌートリアに食べられてしまうとタナゴの数が減るため、生態系の崩れは否めません。そして、ヌートリアはニンジンなどの根菜や水稲も食べるため、農家への被害が懸念されています。米農家の場合は田んぼに巣を作られると稲をかじられたり、土で盛り上げてしきりを作った部分が崩壊して水漏れすることもあるでしょう。ヌートリアの天敵はワニですが、日本にワニは生息していないため数は増える一方です。当然、ヌートリアの数が増えれば被害も大きくなるため、駆除をしない限り被害は増します。, ■ ヌートリアの捕獲に関係する法律野生鳥獣であり特定外来生物であるヌートリアの捕獲においては、法令上の規制が存在するため、それらに則って適切に行われなければなりません。国内でヌートリアを捕獲する場合、以下の法律が関係します。①「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律」(以下、鳥獣保護法という) ②「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」(以下、外来生物法という) 鳥獣保護法ではヌートリアを捕まえることが原則禁止されており、外来生物法では運搬したり飼育したりすることなどが原則禁止されています。ヌートリアに関しては、外来生物法に基づく「防除」の確認・認可が得られれば鳥獣保護法が基本的に適用されなくなる点において、外来生物法ほうがより柔軟に対応できる利点があります。しかし、外来生物法でも捕獲実施者は「狩猟免許所持者およびそれに準ずる知識と技術を有する者」と定められているため、狩猟免許や同等に知識・技術を有していない一般の方は、ヌートリアを捕獲することはできません。ヌートリアを見つけたら、速やかに自治体または害獣駆除業者に連絡するようにしましょう。, ヌートリアに畑を荒らされたり稲をかじられて困っている方は、自分でヌートリアを駆除しようと考えている方もいるでしょう。ヌートリアを自分で駆除する時は4つの方法で駆除します。早速、駆除方法を見ていきましょう。, 【2021最新型】トレイルカメラ 狩猟カメラ 動物観察カメラ 防犯カメラ 1080PフルHD 人感センサー 2000万画素 自動撮影IP66防水機能 不可視赤外線 夜間撮影可 自動上書き機能搭載 隠し監査 日本語取扱説明書付き, 自動撮影カメラを設置すると、ヌートリアのが出没する場所や行動を特定できます。自動撮影カメラを設置するメリットは、最適な場所にわなを仕掛けることができることです。ヌートリアの被害に遭っている場所やヌートリアがいそうな場所に自動撮影カメラを設置すれば、出現場所や行動が詳しくわかるため、わなを仕掛けて駆除を行う時に役立ちます。自動撮影カメラは熱を発するものに反応し写真や動画を残すのが特徴です。また、暗い場所や時間帯に関係なく撮影できるのと、ヌートリアに気付かれることなく撮影できるためバッチリ記録を残すことができます。機能性は商品によって違い、写真であれば10枚・動画なら3分間連続撮影できるタイプや、白黒のみの撮影しかできないタイプ・カラー撮影できるタイプ・電池式やバッテリー式など様々です。さらに、自動撮影カメラは写真撮影と動画の両方を記録できるタイプや、どちらか一方だけ記録できるタイプがあり、一口に自動撮影カメラと言っても種類が豊富にあります。金額は安いもので20,000円台で購入できますが、高いもので90,000円以上する商品もあり決して安くはありません。機能性を重視すれば必然的に金額が高くなるため、予算に合わせて選びましょう。, 100m2段張り 電気柵お得セット日本製電子防護器 アポロ AP-2011(Φ11mmポール)AP-2011-1-2d10, 電気柵もヌートリアの駆除アイテムとして使えます。電気柵にヌートリアが触れると電気が流れ、一時的に気絶することはあっても感電死することはありません。でも、電気ショックを経験したヌートリアは不快感や恐怖心を覚えるため、近寄りにくくなくなります。何より、電気柵のメリットは範囲に関係なく狭い場所~広い場所まで使えるのと、簡単に設置できることです。設置方法は、電気が流れる線を固定するための支柱を立てたら電気が流れる線を張り、最後に電源装置とアースを接続します。もし、設置する場所に草木が生えていたら草狩りや剪定をして、漏電しないようにしましょう。また、電気柵でヌートリアを駆除する場合はヌートリアが線に触れないと意味がないため、線は3本~4本必要で線を張る位置も重要です。3本の場合は地面から10cm離れた場所に線を張ったら、残りを10cmと15cmの感覚で設置します。4本の場合は地面から5㎝の場所に線を張り、残りは全て10㎝間隔で設置しましょう。電気柵は設置した後、草や木が電気柵の線に触れないように手入れをしないといけません。少し手間がかかるところはマイナスポイントですが、壊れない限りヌートリアの駆除が継続的にできるため、お財布に優しい駆除アイテムと言えるでしょう。, ヌートリアを電気柵で駆除する方法をご紹介しましたが、防虫ネットと電気柵を組み合わせて駆除する方法もおすすめです。電気柵は線にヌートリアが接触すると電機流れる仕組みですが、電気柵の線と線の間には隙間があります。もちろん、ヌートリアを侵入させないように3本~4本の線を張っていますが、個体の大きさによっては線に触れることなく隙間から侵入する場合もあるでしょう。隙間からヌートリアを侵入させないようにするなら、線と線の隙間を塞ぐ防虫ネットが便利です。また電気柵を防虫ネットで覆うとヌートリアだけでなく、タヌキやアナグマなどの侵入も防ぐことができます。防虫ネットの設置方法は簡単で、電気柵を設置したら全面に防虫ネットを張って固定するだけです。防虫ネットの目合いはいくつかありますが1mmや2mmなど、電気柵と併用して使う場合は目合いが細かいネットを選びます。ヌートリアの侵入を防ぎながら電気柵で駆除した場合は、防虫ネットも使いましょう。, 原則、ヌートリアを箱わなで捕獲する時は狩猟免許を持っていないといけません。ヌートリアを捕獲して駆除したい場合は箱わなを使います。箱わなはヌートリアが出現する場所や被害に遭っている場所に、エサを仕掛け蓋を開けた状態で、巣や獣道に向って設置しましょう。もう1つ、ヌートリアが潜む水辺にイカダを浮かばせてその上に箱罠を置く方法もあります。ただし、イカダを作って箱罠を設置するなど労力と時間がかかるため、おすすめしません。箱罠に欠かせないエサですがヌートリアはニンジンが好きなため、ニンジンを箱わなに設置しましょう。他にも、カボチャやサツマイモなどの根菜類もおすすめで、根菜類は腐りにくいため箱わなに設置するには最適です。そして、箱わなを設置した後はヌートリアが引っかかっていないか? 定期的に確認します。ヌートリアはそこまで警戒心が強い動物ではないため、箱わなで駆除できる可能性は高いでしょう。箱わなの種類は正方形や長方形もあれば大きさも様々です。ヌートリアの駆除で使う場合は、ヌートリアが入る大きさであれば何でも構いません。また、箱わなは折り畳んで収納できるタイプと、折り畳んで収納できない完成形の箱わなをもあるため、保管方法なども考えてから選びましょう。箱わなの値段は安くて大体10,000円で高いと50,000円以上します。, ヌートリアは強力な顎や歯・鋭い爪を持っているだけでなく、体長もそこそこあるため駆除する時は安全に行わないといけません。他にも、ヌートリアの駆除は法律に触れる可能性があるため法律を守りながら駆除を行いましょう。では、ヌートリアを駆除する時の注意点を3つご紹介します。, 原則、ヌートリアを箱わなで駆除する時は狩猟免許を持っていないといけません。そして、ヌートリアを箱わなで捕獲して駆除できる時期は冬だけです。というのも、ヌートリアは『鳥獣保護管理法』により守られている動物で、さらに『狩猟鳥獣』にも含まれているため、箱わなで駆除したい場合は自治体に申請する必要があります。つまり、自治体への申請もせず狩猟免許を持っていない者が勝手に箱わなを設置し、冬以外の季節にヌートリアを駆除することはできません。, ヌートリアは鳥獣保護管理法や狩猟鳥獣だけでなく、『特定外来生物』にも含まれる動物です。特定外来生物に特定されているヌートリアの場合は、狩猟免許がなくても箱わなを設置して駆除できる自治体もあります。ただし、条件がありヌートリアを含む特定外来生物に関する動物の駆除について講習を受けて、『捕獲従事者』の資格を取らないといけません。また、箱わなでヌートリアで捕獲し駆除する場合は適切に対処する必要があります。特定外来生物に指定されているヌートリアは、運搬や飼育はもちろん、箱わなで捕獲した後にどこかへ放して駆除することも禁止されています。また、ヌートリアの譲渡許可が認められていない限り誰かに譲ることもできません。ヌートリアを駆除する対処方法は自治体によっても違うため、駆除する前に必ず確認しましょう。, ヌートリアの駆除は継続して続けることが大事です。ヌートリアを駆除すると作物の被害が解消されて安心する方も多いでしょう。でも、ヌートリアを駆除しても安心できるのは一時で、再びヌートリアの被害に悩まされることになるかもしれません。ヌートリアの被害を防ぐためにも継続して駆除対策を続けましょう。ヌートリアの駆除を行っても安心できない理由は、繁殖力が強くすぐに数が増えることと、天敵もいないため数がなかなか減らないからです。たとえ、一時的にヌートリアの被害が収まっても別のヌートリアがやって来て、再び作物を荒らす可能性があります。ヌートリアの駆除をしても安心しないで継続して電気柵などを使いましょう。, ヌートリアの駆除は自分で駆除しようと思えばできますが、噛まれたり爪で引っかかれるリスクもあり大変です。どうしても自分でヌートリアを駆除できない方は業者に依頼する選択肢もありますが、ヌートリアの駆除は業者でできるのでしょうか?, ヌートリアを駆除したい場合は自治体に問い合わせてみましょう。ヌートリアの被害が多数報告されている地域では、ヌートリアの駆除対策に力を入れている自治体もあり無料で駆除してくれる場合もあります。このような場合は、役所の方が箱わなを設置しヌートリアを捕獲したら回収して駆除する流れです。ただし、役所の方がヌートリアの駆除作業を行うため時間や人数が限られており、すぐにヌートリアの駆除を行ってくれない場合もあるでしょう。, 狩猟免許を持っている駆除業者に依頼する方法もありますが有料です。ヌートリアをわなで駆除する場合は狩猟免許が必要ですが、害獣駆除を行っている業者であれば狩猟免許を持っています。また、ヌートリアの駆除を業者に依頼する場合はネットなどで検索して自分で見つけることもできますが、自治体が紹介してくれることもあるため、自治体に相談してみるのも良いでしょう。, ヌートリアを駆除すると捕獲奨励金がもらえるのは事実です。ヌートリアを駆除して捕獲奨励金をもらいたい場合は捕獲奨励金制度を実施している役所に申請しましょう。岡山市の場合ですが、捕獲奨励金の内訳はヌートリア1頭につき『有害鳥獣捕獲奨励金:2,000円』『捕獲促進奨励金:1,000円』になります。ただし、申請する時期によって捕獲奨励金が変わるため注意しましょう。また、ヌートリアを駆除して捕獲奨励金をもらうには、いくつもの書類を提出することになっています。一部をご紹介すると、捕獲したヌートリアの体にスプレーで線を描いたり、ヌートリアの右の横腹が見えるように写真を撮らないといけません。他にも、様々な条件を満たす必要があり、不慣れであればなかなか手間がかかります。岡山市の場合ですが、不正をした方もいるため捕獲奨励金制度の条件が厳しくなったようです。(https://www.city.okayama.jp/jigyosha/0000016858.html 参照), ヌートリアは日本全国に生息しているわけではありませんが、今後は生息地域が広がっていくかもしれません。いずれにしても、ヌートリアは繁殖力が強く日本の場合は天敵もいないため、数が減らず被害が深刻です。自分でヌートリアを駆除する場合は4つの方法を行い、自分でヌートリアを駆除できな方は、自治体に連絡をしたり業者に依頼して駆除してもらいましょう。, 東証上場会社運営!屋根裏害獣のアライグマ・イタチ・ハクビシンなどの駆除撃退を13,000円からご依頼いただけます!年中無休・24時間365日対応・無料現地調査・全国対応で楽天リサーチ調べご利用シェアNo.1の害獣駆除110番がオススメです。, 迅速・丁寧・確実に解決します! 狩猟するには - 公益社団法人 岩手県猟友会 (3)鳥獣被害の現状と対策:農林水産省 - maff.go.jp; ヌートリアの駆除方法4つ!報奨金がもらえ … 有害鳥獣の捕獲経費として、主な獣種ごとに次のとおり単価を設定して、捕獲者に助成しています。 (主な鳥獣の助成例) ・イノシシ、シカの成獣:7,000円/頭以内 ・サルの成獣:8,000円/頭以内 元々は南アメリカに住んでいたヌートリア。どうしてこの大ネズミが西日本を中心に定着しているのでしょうか。そこには国も関わる大きな動きがあったのです。一方で個体数は増加し、被害も拡大傾向にあります。駆除などの対策とともにヌートリアについて紐解いていきましょう。 いずれにしても、ヌートリアの駆除は地域全体で行っているところもありますし、捕獲すると補助金が出ることがありますので、まずは自治体の農水課に連絡して下さい。 5. 加西市ヌートリア防除実施計画(pdf形式:222kb) 加西市アライグマ防除実施計画(pdf形式:293kb) 有害鳥獣による被害防止対策や狩猟・有害捕獲に関するお問い合わせは市役所農政課へご相談ください。 箱罠・くくり罠といった捕獲用品をはじめ、様々な鳥獣被害対策品を通販販売しているプロショップです。イノシシやシカの被害にお困りの方、アライグマやハクビシンといった中型獣の対策をお考えの方、狩猟や有害駆除にお役立ちの商品をお探しの方にオススメの商品を取り揃えております。 自治体もヌートリア捕獲マニュアルを出したり、捕獲した人に補助金を出したりとかなり嫌われています。 日本では害獣として捕獲・駆除されていますが、まあ増える速度の方が早いでしょうね。 毎年捕獲数が増えていっているように見受けられます。 野生動物の駆除には、自治体から補助金が出されています。 (例) 宍粟市 鹿及び猪は1頭につき5千円、アライグマ及びヌートリアは1頭につき3千円、サルは1頭につき2万円 豊後大野市 猿を捕獲したもの 1頭につき30,000円 このサイトではJavaScriptを使用したコンテンツ・機能を提供しています。JavaScriptを有効にするとご利用いただけます。, 鳥獣害は大きく見ると、農耕地における農作物被害と山林や森林における林業被害や生態系被害、人への直接的・間接的被害に分かれる。全国的に見て、農作物被害は主にイノシシ、シカ、サルなどの獣類や、カラスやムクドリなどの鳥類によって起こっている。, 林業被害では、カモシカによる被害が1970年代から他の獣害に先んじて顕在化したが、近年はシカやツキノワグマによるものが主である。カモシカによる被害は、現在はほとんどの地域で沈静化している(文化庁文化財記念物課 2013)。, これ以外に、近年シカによる生態系被害とくに森林の下層植生の衰退が著しく、ひどい場合には土壌の崩壊や河川の汚濁も生じている地域がある。また人への直接的被害もクマ類やホンドザルによって少ないながら起こっている。, 加害種や被害の状況は、地域によって異なる。また、加害種ごとに生態がかなり異なるので、被害対策にあたっては、加害種の生態的特性を踏まえたうえで、地域ごとに防除に取り組む必要がある。また近年のように中山間地域の人口が減少し高齢化が進むと、農林業のあり方も異なり、このような人の社会的な側面も考慮に入れる必要がある(村上 2009)。このほかにアライグマやヌートリアなど外来種による被害も増加しており、対策がとられつつあるがここでは触れないこととする。, 京都府における鳥獣害は農作物被害で見ると、2013年で総計4.9億円に達しており、そのうちイノシシによる被害がもっとも大きく約1.6億円(32.6%)で、シカが約1.3億円(27.0%)、サルが0.7億円(13.66%)を占めている。林業被害ではシカによるものが0.44億円と多く、クマによるものが0.029億円となっている。, 年度的には2008年度の農作物被害が7.4億円ともっとも高かった。それ以降、順次減少しつつあるが、依然被害は大きい状態である。農作物では野菜、稲、果樹被害が全体の87%を占め、8市1町(京都市、福知山市、京丹後市、亀岡市、京丹波町、宮津市、城陽市、南丹市、木津川市)に集中している。, 農林業被害に関しては、昆虫による被害も多大であるが、この問題に関しては鳥獣害よりマスコミ等による取り上げか少ない。例えば農作物では稲にはニカメイガやサンカメイガ、あるいはカメムシ類が、キャベツにはモンシロチョウ、野菜にはヨトウ類など多くの害虫が発生している。農業従事者はこれらの害虫対策として各自農薬等を散布して、被害防除を実施している。, ペットなど所有者や占有者のいる動物は飼養動物とされ、「動物の愛護及び管理に関する法律」で規定されている。しかし、害虫に限らず、トンボ類やセミ類を捕獲した経験のある人は多いと思う。日本では野生動物は、所有者のいない動産とされており、その所有権は所有の意志をもって占有することによって生じるとなっている(民法第239条)。鳥獣に関しては、「鳥獣及び鳥類の卵は、捕獲等又は採取等をしてはならない」と「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律」(以下、鳥獣法)によって規定されている。すなわち、鳥獣は加害種であっても害虫などと違い、勝手に殺すことは法律で禁止されている。, これに対して、学術研究の目的、鳥獣による生活環境、農林水産業または生態系に係る被害の防止目的や、その他省庁令で定める目的で鳥獣の捕獲または鳥類の卵の採取等をしようとする者は、環境大臣または都道府県知事の許可を受けなければならず(鳥獣法第9条)として、被害防除等の目的の捕獲は許可を受けた場合には可能となっている。, 実際に鳥獣害による被害を受けた場合には、鳥獣法に基づいて、市町村に有害鳥獣駆除の申請を行い、その許可が下りると駆除隊が編成され駆除する仕組みとなっていた。しかし、1999年の鳥獣法の改正により、鳥獣管理は国指定鳥獣保護区など国が管理するもの以外は、各都道府県が管理を行うこととなり、特定鳥獣保護管理計画に基づく個体数調整が行われつつある(後述)。, 有害鳥獣の駆除は、狩猟免許を持った者が適正な猟具を用いて、定められた期間に行うこととなる。これらの有害鳥獣駆除や個体数調整を行う者は、一般にハンター(狩猟者)と呼ばれる人に依存することとなる。狩猟は本来趣味の一つであったが、今や鳥獣管理という新たな役割が生じていることとなる。, 近年この鳥獣管理の担い手であるハンターとくに銃猟を行う第一種銃猟免許取得者が激減するとともに、平均年齢は60歳前後と高齢化しており、30歳以下の若者はおらず、後継者不足が大きな課題となっている(図1)。このために近年は農業従事者が自らわな猟免許などをとり、わなかけ等による駆除を行いつつある。, 1999年に鳥獣法が改正され、「特定鳥獣保護管理計画」が制度化された。このことによって、従来は有害鳥獣駆除によって対症療法的に行われてきた鳥獣害対策が、各都道府県が状況に応じて必要な対象種を選んで保護管理の目標設定を行い、それを達成するための計画策定と実施、モニタリングによる評価を行って計画の見直しを図る制度に改められた(村上 2000)。, また、農林業被害が激化したことに伴い、2007年末に「鳥獣による農林水産業等に係る被害の防止のための特別措置に関する法律(特措法)」が制定され、農林水産大臣が被害防止の基本方針を策定し、基本方針に則して市町村が被害防止計画を策定するという制度ができた。さらに、2014年5月になって各地の鳥獣被害が深刻化するなか、従来の「鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律」を改正し、「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律」と名称が変更されるとともに、保護と管理を定義づけ、保護は生息域や生息数を適正な水準に維持ないし増加させること、管理は生息数や生息域を適正な範囲に減少させることとした。, また「鳥獣保護事業計画」を「鳥獣保護管理事業計画」に改め、特に保護すべき鳥獣のための計画を「第一種特定鳥獣保護計画」、特に管理すべき鳥獣のための計画を「第二種特定鳥獣管理計画」として位置づけた。さらに、指定鳥獣捕獲等事業を創設し、集中的かつ広域的に管理を図る必要があるとして環境大臣が定めた鳥獣(指定管理鳥獣)については、都道府県または国が捕獲等をする事業(指定管理鳥獣捕獲等)を実施できることとした。認定鳥獣捕獲等事業者制度の導入を図り、鳥獣の捕獲等をする事業を実施する者は、鳥獣の捕獲等に係る安全管理体制や従事する者の技能や知識が一定の基準に適合していることについて、都道府県知事の認定を受けることができるとした。今後これら新たな制度をどう活用するのかが京都府でも問われている。, 鳥獣類各種の被害対策に関して、ここで述べるのはレッドデータブックの性格にも合わないし、紙面の都合もあるので、特に個体数が少なく京都府では絶滅寸前種となっているが、同時に林業被害や人身被害が問題となるツキノワグマと、シカに絞って述べることとする。シカの被害は農林業全般に及んでいるだけでなく、森林の下層植生を衰退させて土壌流出の危険性を高め、希少植物を激減させたり、食虫類や昆虫類にも影響を与えるなど、広く生態系被害をもたらしている。, 記述内容は、クマについては従来の特定計画の他、2015年5月から施行予定の京都府の第一種特定鳥獣保護計画──ツキノワグマ(第3期)、シカについても従来の特定計画の他、5月から施行予定の第二種特定鳥獣管理計画──ニホンジカ(第4期)を元に書かれているので、詳しくはこれらを参照されたい。, ツキノワグマ(以下、クマと略す)の保護と管理に関しては、2004年に特定鳥獣保護管理計画、2007年に第2期計画、2012年に第3期計画を策定した。2015年には鳥獣法の改正により、5月末に3期計画の名称を第一種特定鳥獣保護計画と改める予定だが、内容は従来の計画を継続したものである。, 計画の目的は、地域住民や農林業者その他の府民、行政、研究者など多様な主体の連携のもと、人身被害の回避や農林業被害の軽減を図るとともに、科学的・計画的な保護と管理の下に、人とクマとの共存を目指すこととしている。, 京都府におけるクマの個体群は、琵琶湖北部から丹後半島南部にまたがる「近畿北部地域のツキノワグマ個体群(以下、近畿北部地域個体群)」に属しており、分布域は約4,000㎢で、福井、滋賀、兵庫にまたがっている(図2)。, 府内のクマの生息数は、1996年度から2000年度に行った調査で200~500頭と推定され、2002年度に発表した京都府レッドデータブックでは「絶滅寸前種」とされている。それ以降クマの狩猟による捕獲は禁止し、学習放獣などの施策を実施している(京都府の特定鳥獣保護管理計画──ツキノワグマ(第3期))。, 京都府のクマは、ミトコンドリアDNAの解析により由良川を境として東西二つの系統に分かれていることが明らかとなっており、全体を一個体群として扱うのではなく、丹波個体群と丹後個体群との二つに分けて扱うこととしている。, また、丹波個体群は滋賀県から福井県の嶺南地方に広がる北近畿東部個体群の一部、丹後個体群は兵庫県但馬地方に広がる北近畿西部個体群の一部に属している。, 生息頭数の推定は、学習放獣などの際に標識を付けた個体が再度捕獲される確率から推定する標識再捕獲法と、クマの毛のDNA解析による個体識別による方法のほか、最近では、生息数や密度指標、捕獲数や捕獲効率などを用いた統計学的な手法である階層ベイズ法を用いても推定されている。, 府下のクマの推定生息頭数は、2004年の第1期計画策定時には、丹後個体群約120頭、丹波個体群は約180頭、2007年の第2期計画策定時にもこの値を踏襲したが、2012年の第3期計画策定時には、丹後個体群約300頭、丹波個体群約200頭、2015年の第一種特定鳥獣保護計画策定時には丹後個体群は約700頭、丹波個体群は約200頭と推定している。このように丹後個体群はかなり増大しているが、丹波個体群はほとんど変化をしていない状況である。, 月別目撃頭数を見ると、年によって異なるが、4月頃から始まり、6月頃から増加し、9月から10月にピークとなって11月から12月に減少し、1~3月はほとんどない(図3)。クマは冬眠をするので、冬眠前に栄養を蓄えるために、9~10月の堅果類がなる頃、摂食活動が盛んとなるためである。出現状況は出没が多い年と少ない年が隔年に出現しており、とくに平成22年には大量出没した。出没は堅果類の豊凶により左右される傾向があるので、府下で堅果類の豊凶調査を実施しているが、2010年の大凶作の年に大量出没が見られている(図4)。今後これをさらに検討することで、クマの出没予測が可能となると考えられる。, 京都府におけるクマの狩猟及び有害鳥獣捕獲による総捕獲数は、1974年まで増加し、その後ゆるやかに減少している。狩猟数は、1974年に64頭でピークとなった後、平成4年度以降は大日本猟友会や狩猟者の自主規制により大幅に減少した。2002年には狩猟による捕獲は禁止となり、有害捕獲のみで現在に至っている(図5)。, 有害鳥獣捕獲は、全体的にはクマ剥ぎ被害が多い丹波個体群で多いが、1989年以降は丹後個体群でも果樹被害等により増加している。2010年は大量出没の年であるが、とくに丹後地方は出没件数や被害が急増し、捕獲数も急増した(図6)。, 2002年度からは、有害捕獲による捕獲個体の一部に標識を付けて放獣しているが、放獣数は2002年から2013年までの12年間で174頭、このうち再捕獲された個体は36頭であった。これらの放獣個体が再被害を起こし再度捕獲された場合には、人慣れクマと判断し、原則として捕殺していた。しかし、現状では出没が急増したために、捕獲上限数の範囲内では放獣せず、1回目の捕殺も可能となるように変更した。, 府内のクマは絶滅寸前種であるために、有害捕獲であっても捕殺上限を設定して個体群の維持を図っている。環境省の「特定鳥獣保護管理計画策定のためのガイドライン」のクマ類個体数水準に基づいて、特定計画1期には丹波丹後両個体群の個体群水準は2(個体数が100~400頭程度で、現状を放置すると個体群水準1=危機的地域個体群に移行するおそれがある)として狩猟は禁止、捕殺数も各個体群の5%とした。, ただし、運用にあたってはクマの出没が隔年であることに対応して、ある年の捕殺数が少なければ次年度には繰り越しができることとした。しかし、現状では丹後個体群は約700頭と推定され、上述した環境省の個体群水準3(個体数が400~800頭程度で、現状を放置すると水準2の個体群に移行するおそれがある)としたが、狩猟は認めず捕殺上限は個体群の8%を適用し、捕獲上限数を700×0.08=56頭とした。一方、丹波個体群は200頭と推定され個体群水準は2のままであるが、福井・滋賀両県を通じて白山・奥美濃地域個体群の一部であり、この地域個体群のサイズは大きいので、捕殺上限は丹後個体群と同様8%、16頭に設定し運用することとした。, 丹後個体群は近畿北部西個体群と丹波個体群は近畿北部東個体群に属する。本来は、クマのように行動圏が大きな動物では、県単位で個体数を推定して保護と管理の施策を決めるのではなく、各地域個体群と関係する府県が協働で地域個体群の個体数を推定し、地域個体群としての狩猟や捕獲上限について決めて、各府県はそれに準じて各府県の施策を決めるという広域管理が必要である。しかし、特定計画は各府県が独自に行うこととなっており、相互に連絡は取っているが、同一地域個体群でも府県で異なる対応(例えば近畿北部では、京都府では狩猟禁止だが福井県や石川県では狩猟可能)をしているのが現状で、今後の課題である。, 人身被害は2005年度から2012年度までに12件発生している。2010年度が最大で6件、次いで2006年度が4件で、大量出没の年に多い。これらの年の9件の人身事故は、森林内など恒常的なクマの生息地ではなく、農地や集落などクマの恒常的生息地外で起こっている。堅果類の凶作の年に多いので、山の餌が不足している可能性が高い。, 近年ナラ枯れ病により、京都近郊では大量のミズナラが枯死している。ミズナラはクマの好物で、かつては京都大学の芦生演習林で多くの円座(クマが身を食べるために木の枝等を折りたたんで円形にしたもの)が見られたが、近年はまったく見られなくなった。クマとの共存のためには、山にクマの餌となる樹木が多い落葉広葉樹の林を復活させるなど、生息場所の管理も視野に入れる必要があると思われる。, 人身被害は、クマとの出会いにより起こる。京都府では、クマの出没情報が地元猟友会、警察、市町村等どこで得られた場合でも、まず目撃者、目撃場所、目撃日時、負傷者の有無、遭遇時の状況、出没要因等の内容を「ツキノワグマ通報記録表」に記入して京都府森林保全課に連絡を行う。次いで人家周辺や市街地など人身被害が生じたか、生じるおそれが非常に強い場合(クマが人を追跡するとか人家に侵入するなど)、誘因物を除去するなどの対応をしてもまだ人家周辺に頻繁に出没する場合などは緊急対応として、それ以外を一般対応で対処することとしており、ツキノワグマ出没対応フローを作成している。, フローでは、緊急の場合は現地調査のうえ捕殺の可能性等の検討を行い、一般対応では、現地調査のうえ追い払いや被害防除の実施等の手続きを定めている。場合によっては森林保全課が現場に到着するまで待てないケースもあることから、地方振興局の判断で対処可能となるようにもしている。, クマ剥ぎとは、クマがスギやヒノキなどの樹皮を剥いで木質部分(主に形成層)を囓ることを言う。被害が起こるのは4月から8月のお盆までで、樹液成分が高い時期であるが、山に餌が豊富な時期にあたる。また、西日本中心で東日本ではほとんど起こっておらず、府内でも、被害が激しい地域は丹波個体群の一部地域に限られている。この行動の原因はまだよくわかっていない。被害は胸高直径が5㎝以上で起こり、3齢級から8齢級ぐらいの林分に集中して発生する。被害が根際から2mまでの材木にした場合に価値が高い場所に発生することから、齢級の高い林木に被害が起こると被害額は大きくなり、林業者からは忌避される。, 農林業被害のなかでは、クマ剥ぎ被害が被害量および金額でも被害の大半を占めている(図7、図8)。しかし、広大な山林で発生し、発生期間が長いことや発生箇所が予測できないことなどから、対策が困難である。, 対策としては、被害防止と捕獲によっている。被害防止には造林木の根際からテープをらせん状に巻き付ける方法(テープ巻きという)が有効であるが、テープを対象木全部に巻くには労力がかかることや、テープが最大でも5年程度しか持たず、巻き直しが必要となることが課題である。, 被害対策としての捕獲は密度管理に対して有効かどうか不明であり、被害が軽減されるまで密度を下げること(たとえ1個体でも被害は起こると考えられる)は絶滅のおそれのある種では困難であり、加害場所での有害捕獲を中心とせざるを得ない。被害が特定の場所に繰り返し起こる場合があるので、特定の加害個体により起こっている可能性があり、加害個体の駆除を検討することは必要であろう。, クマ剥ぎ防止対策やクマ剥ぎ被害対策としての捕獲については、対応マニュアルを作成して実施しているところであり、それらを参照されたい。, 果樹被害と養蜂被害は、2004、2006、2010年と隔年のツキノワグマ大量出没時に増大している。第1期計画策定時にはそのような事態は想定していなかったが、第2期計画から生業としての果樹栽培や養蜂場を対象としたマニュアルを策定している。被害対策としては電気柵が有効なので、マニュアルに沿って柵の設置をして維持管理が行われている場合にのみ、被害対策としての捕獲を検討している。検討内容としては、①捕獲可能な場所は当該被害が起こった果樹園・養蜂場とその周辺のみとすること、②許可にあたっては捕獲許容限界数を考慮して行うこと、③春の養蜂被害は大きな損失をもたらすので、とくに京都府が認めた場合に限り、損害を受ける前の4~5月でも有害捕獲を許可すること、④果樹の場合には、モモは6~8月の間、ナシ等の果樹と養蜂は8~11月の間で現に収穫物がある間に限定することなど、きめ細かく規定している。, 「箱わな」や「くくりわな」を使用してやシカやイノシシの捕獲を試みた場合に、誤ってクマが捕獲されることがある。この場合を誤捕獲と言い、法的には捕獲目的以外の動物であり放獣することが義務づけられている。クマが誤捕獲されることを防止するために、箱わなを使用する場合には上部にクマが脱出できる程度の穴(30㎝程度)を設置することを推進している。, また、くくりわなを使用する場合には、法律ではワイヤー直径が4㎜以上のものを使用することが規定されているが、放獣作業の安全性を考え5㎜以上のものを使用するように努めることとしている。このような配慮をしていても、大量出没の時には誤捕獲数は増大し、2010年度には52頭にも達し、放獣作業が大変な労力負担となっている現状である。, 誤捕獲で捕獲されたクマは、学習放獣と言って、からしなどクマの忌避する物質を顔面に噴射してから、できるだけ捕獲地から遠い場所に放獣している。2002年度以降12年間の放獣数は275頭で、この期間中に再捕獲された個体は35頭であった。2010年の再捕獲個体は22頭と最多で堅果類の大凶作の年である。学習放獣したクマが再捕獲されることは比較的少なく、学習放獣の効果がでていると考えられる。, 京都府におけるシカ対策の取り組みは早く、1996年には「ニホンジカ適正管理指針」を策定し、1997年には同指針に基づいてメスジカの狩猟獣化を行った。2000年には同指針を引き継ぎ、特定鳥獣保護管理計画──ニホンジカ(第1期)を策定、以降同計画を見直しながら、2012年から第4期計画に移行している。, ニホンジカは2014年の鳥獣法の改正により、とくに管理が必要な種となっており、第二種特定鳥獣管理計画として策定されつつある。管理の目的は、地域住民、行政、研究者など多様な主体の連携のもと、被害防除、個体数調整、生息環境管理の三本柱により農林業被害を軽減させることとなっている。, 目撃情報による分布メッシュは、特定計画策定当初は、北部・中部・南部個体群が分かれていたが、その後の分布拡大により、全域が連続状態となっている。, シカの個体数は、ハンターによる目撃数や捕獲数や糞塊密度などを用いた指標、あるいは近年では、密度指標や捕獲数の経年変化を用いた統計学的な手法である階層ベイズ法などから推定されている。個体数に関しては、密度指標としての捕獲努力あたりの捕獲数や糞塊では、1998年から2000年には低下傾向にあったが、その後年々増加傾向になっている(図9)。一方、捕獲数は、1975年頃には狩猟により年間500頭(オスジカのみ)であったが、その後年々増加し、1995~98年には2,000~3,000頭、2008年には1万頭を超え、2013年には過去最高の1.8万頭を超えている(図10)。, 捕獲数が30年間で約36倍にも激増しているにもかかわらず、個体数は依然増加傾向である。シカの増加率は年に20~30%にも達するので、放置したらさらに激害が起こることは間違いがない。その意味では、個体数調整を主とした管理によって、辛うじて個体数が激増することは防止できているという状態である。, 近年のシカの個体数増加は、近隣諸県だけでなく全国的な傾向であり、その要因には諸説があるが、私は次のように考えている。当初は鳥獣法によりオスジカのみが狩猟獣に指定され、メスジカが保護されていたために、捕獲が進まなかったことが個体数増加の一因である。府内でのメスジカの捕獲は1997年に狩猟獣の解禁区域を7市町指定したのが始まりであるが、その後2005年まで解禁区域を徐々に増加させ、2007年には府内全域に拡大した。, メスジカ解禁当初は、メスは狩猟獣ではないという長年の習慣で、ハンターによる捕獲はオスに偏っていたが、次第にメスの捕獲が増大した。次いで、暖冬により冬期のシカ、とくに幼獣の死亡率が減少したと考えられること(データは乏しい)、また、中山間地域の人口減少で放棄耕作地が増加したことや人と獣との接触が減少したこと、林道やダムの緑化に外来の牧草が使われ、これが冬期の餌になっていること等が挙げられる。, メスジカをすべて狩猟対象に入れても、特定計画の個体数調整の効果が顕在化しなかった理由は、各年の個体数の推定値が過小で、捕獲目標頭数が低すぎたこと、とくに特定計画発足当初は、シカ個体群への影響を考慮し、捕獲目標数を低くしていたことが大きいと考えられる。現在捕獲数は狩猟者の努力によって捕獲限界近くまでになっているので、今後はメスジカに特化して捕獲を推進することが必要な段階にきている。, 2011年のシミュレーションの結果では、2006年度の生息頭数を36,000頭から44,000頭と推定すると、2014年の個体数を半減させるには、メスジカを12,000頭捕獲する必要があるとなっているが、現在この目標値は達成できておらず、さらなる捕獲努力が必要となっている。, 捕獲数増大のために、猟期を2010年度から3月15日まで1か月延長するとともに、捕獲制限の緩和をして、わな猟は制限なし、銃猟はメスは制限なし、オスは1人1日1頭までと定めている。その他捕獲の報奨金も増大させるなどの措置も行いつつある(市町で異なるため詳細は省略する)。, 農作物の被害対策としては、防護柵の設置が速効性があり有効であり、1996年度から毎年進められている。とくに特措法以降は増えており2013年までに2,828㎞に及んでいるが、府全体で見ればまだ設置率は低い。とくに上述した被害が大きな8市1町では、整備延長が全体の14%と低いことや、台風などによる被災箇所からの侵入が被害増加の要因となっている。また、果樹被害対策でのカラス、ムクドリ等の鳥害対策の遅れも要因となっている。, 防護柵は、漁網などは破られて役立たないので、ネットに針金などを混ぜて強化したものを用いることや、地際からの侵入が多いので、地面に沿わせてスカート・ネットをはかせるなどの注意が必要である。その他、イノシシでは電柵を用いることや、サルでは上からの侵入が起こるので上部にも電柵を入れる必要があったり、シカでは高さが2m以上必要なことなど、獣種によって防護柵の構造が異なる。地域の被害実情に合わせた柵の設置が必要である。, 基本的には、すべての獣種に有効で安価な柵の開発が必要だが、近年、防護柵の普及につれて値段は下がりつつあり、柵の有効性も高くなりつつある。しかし予算が不足すると、柵の設置は地元で行うことが多くなり、その場合は集落によっては労働力が不足する。森林被害などは防災や水源確保にも連なるので、被害をその地域の問題とするのではなく、都市を含めた問題と捉えて周辺の支援が必要である。その他、柵は設置当初は有効性が高いが、設置後に台風などの災害や、周辺の木や草が伸びて壊れたり、電柵ではショートをしたりするので、常に監視をして維持管理をする必要がある。, 生態系被害では、森林の下層植生の衰退が著しく、これらの場所を生息場所としているアカネズミ、スミスネズミ等のネズミ類やヒミズやジネズミなどの食虫類だけでなく多数の昆虫類等が影響を受けていると考えられる。京都府(歴史的)自然環境保全地域では、片波川源流域や花背大悲山などでは防護柵の設置が行われつつあるが、八丁平や京都大学フィールド科学教育研究センター芦生研究林など、生物多様性に富んだ多くの地域が放置されたままであり、早急な対策が必要である。とくに生物多様性の高い場所を特定して、防護柵を優先的に設置することが必須である。また森林での個体数調整を促進し適正な密度に下げることも必須である。, 生息地管理としてはシカの生息場としての森林管理が重要である。とくに京都府ではスギやヒノキの植林地が多いが、これらの植林地で人手や予算の不足で間伐が進んでいない林が多い。これらの放置林では下層植生が貧困となり、動物の生息場としても不適な状態となるので、間伐を促進することや、成林の見込みがない森林は落葉広葉樹に転換する等の施策が必要であるが、あまり進んでない状況で、早急に長期的な目標を持った施策を立てる必要がある。, 京都府レッドデータブックに掲載されている野生生物や地形・地質、生態系などに関する情報がありましたら、情報提供フォームからお寄せください。, お問い合わせ先:京都府環境部自然環境保全課TEL:075-414-4706 FAX:075-414-4705E-Mail:shizen-kankyo@pref.kyoto.lg.jp〒602-8570 京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町.